主上

小野不由美(おの ふゆみ、1960年12月24日 O型- )は日本の小説家。大分県出身、京都市在住。夫は推理作家の綾辻行人。著作『十二国記』での王の敬称にちなみ「主上」と呼ばれることがある。

* 1999年 『屍鬼』が山本周五郎賞の候補作に。 同作は『このミステリーがすごい!』において第4位に。 * 2002年 『黒祠の島』が本格ミステリ大賞の最終候補作に。 * 2002年4月 NHKで『十二国記』がアニメ化。 * 2004年 『くらのかみ』が本格ミステリ大賞の最終候補作に。 同作は原書房『本格ミステリベスト10』7位、「Yahoo!ユーザーが選ぶ2003年ベストミステリー」6位にも入賞している。
『ウィキペディア(Wikipedia)』⇒

ブログ・日記(RSS)

関連する内容があるブログや日記を紹介しています。ぜひご覧ください。

黒祠の島

そして、驚愕のラストは…。 田舎独特の情景描写が細やかでリアルで、ヒシヒシと伝わってくる圧迫感が怖かったです。。 ラストに向かって一気に駆け抜けるスピード感が良い^^ 小野不由美さんらしい、独特の雰囲気が詰まってます。 いい味が出てる、怖面白い一冊。 ...

貴重本 初版 見分け方

... に泊まれよって感じで剣もホロロで、薫ちゃんが泣いてしまうらしいのだが、少年誌はセックスご法度だからな。単にそういう理由じゃなくて、なんか伏線があるのかもしんないけれど。(´ー`)y-~~。 あ、小野不由美の絶版本って、講談社のX文庫でしょ? ...

「図南の翼 十二国記」

「図南(となん)の翼 十二国記」 小野不由美(山田章博/絵) 講談社 X文庫ホワイトハート 660円+税 1996年2月発行 【bk1】 【livedoor Books】 恭国(きょうこく)は、先王が斃(たお)れてから二十七年。王を失くした国の治安は乱れ、災厄は続き、妖魔 ...

黒祠の島

その島は風車と風鈴に溢れ、余所者には誰も本当のことを話さなかった― 作家葛木志保が自宅の鍵を預け失踪した。 パートナーの式部剛は、過去を切り捨てたような彼女の履歴を辿り、「夜叉島」という名前に行き着いた。 だが、島は明治以来の国家神道から ...

「くらのかみ」読みました

ということで、わたしにとって、初めての小野不由美でした。旧家を舞台にしたミステリーです。このミステリーランドというシリーズは、子供向きに書き下ろされたミステリーシリーズという形になっています。だから、難しい感じにはすべてふりがながふって ...

東亰異聞

東亰異聞作者: 小野 不由美出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1999/04メディア: 文庫帝都、東亰の夜は、もうただ暗いだけではなくなった。 跋扈する火閻魔人や闇御前と呼ばれる殺人鬼。人魂売りや謎の読売りが不気味に各地で出現する。 ...

1301『くらのかみ』

[asin:4062705648:detail] わりとあっさり風味な……。

[novel]誤訳御免!: インタビュー 海外アニメサイト

小説版もそうだけど、小説版の進行状況に伴って、話の途中で終わっているアニメ版の続きも是非見てみたい。 月の影 影の海〈上〉 十二国記 講談社X文庫. 月の影 影の海〈上〉 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート. 作者: 小野不由美; 出版社/メーカー: ...

『東亰異聞』

小野 不由美 新潮社 ¥ 620. 誰も犯人でありませんように・・・と願ってしまうくらい、登場人物たちに悉く惹かれました。 そして、美しすぎる結末に、何に対してなのかはわかりませんが、 無条件降伏したい気分になりました。

「屍鬼(しき)」

という作家の名前には見覚えがあったので、 手にとって開いてみた。 文章は読みやすそうだった。 題名の意味は全くわからなかったが、 文庫にして5巻もの長編を、どのように展開し、どうまとめているのかが気になるし、 ...

インタビュー

が海外のメディアから受けたインタビューを翻訳している記事を発見しました。 バストアップサプリメント御免! 「インタビュー 海外アニメサイト」 そしてこんな質問が・・・ 「この作品の最後の小説(これまでのところ)は2001年にリリースされました。 ...

先生の海外向けインタビュー

麒麟通信のMLから流れてきたのですが(いつもありがとうです) 英語圏のファンに向けたインタビューがあるそうです。 ▼コチラがindex http://www.animenewsnetwork.com/ ▼コチラがアロマセラピストのページ http://www.animenewsnetwork.com/ ...

[読書] 『黒祠の島』

作者: ; 出版社/メーカー: 祥伝社; 発売日: 2004/06; メディア: 文庫. 批評会の課題本。やっと読み終わった。中だるみっぷりが酷くて……。どうも信仰とか風習とかそういったものが苦手なみたいです。終盤はそれなりに楽しく読めましたが。 ...

ベストSF・日本

... 蘆屋家の崩壊 津原泰水 1998年度 1 BRAIN VALLEY 瀬名秀明 2 あ・じゃ・ぱん 矢作俊彦 3 カブキの日 小林恭二 4 屍鬼 5 グランド・ミステリー 奥泉光 6 異形コレクション 井上雅彦監修 7 天使の囀り 貴志祐介 8 クロスファイア ...

★ 【4】 ●魔性の子●東亰異聞 (新潮文庫) ●黒祠の島 (祥伝社文庫) ●くらのかみ 〈ミステリーランド〉 (講談社)

[comic][あお]いなだ詩穂文庫版

来るぞ来るぞとわかっていても頁をめくってホントに悪霊が登場するとわかっちゃいてもドキッとする。真夜中に読んだのでけっこう怖さに緊張した。背後コワイ。 5 (5). 5 (5). 作者: いなだ詩穂, ...

勿論

1冊づつ完結しているっぽいので、是非皆様もどうぞ (8) 、いなだ 詩穂 他 (2003/07/04) 講談社この商品の詳細を見る2007.02/22 現在アニメ化されていて、勿論見ています。そして私は文庫版を買いましたw漫画喫茶で読むだけでは ...

十二国記シリーズ

処分予定のサブカルチャーアイテムの中に十二国記シリーズがある。眺めていたらちょっと惜しくなったので、気に入ったところを飛ばし読み。やはり楽俊が良い。楽俊と出会い、陽子がだんだん景王であることが明らかになってくるくだりは何度 ...

先生の「くらのかみ」。

講談社. とても秘密めいた、不思議な不思議なおはなしです。 本家の跡継ぎを決めるため、田舎の大きな古めかしいお屋敷に集まった親戚たち。 主人公の耕一は、そこで初めて母方の従兄弟たちと出会います。 そこで早速皆仲良くなり、お屋敷に ...

黒祠の島

黒祠の島. この商品をレビューしたブログ一覧?. 評価: 祥伝社 ¥ 690 (2004-06). ノンフィクション作家の葛木志保が失踪した。 事件ルポの調査で時々仕事を共にする式部剛に、 「帰省するが戻らなかったら部屋の処分をして欲しい」と、 ...

「屍鬼」

作者は、「なんたら館の殺人」シリーズ綾辻行人の奥さん。綾辻行人は西原のマンガで麻雀が下手だと言われていた。ちなみに、この作品をパロディにした「脂鬼」が収録されている京極夏彦「どすこい安(仮)」もかなり面白い。

風の海 迷宮の岸

風の海 迷宮の岸―十二国記 ■やぎっちょ書評この本、ホワイトハート文庫だと上下巻になるんだね。講談社文庫だとどうして一冊にまとまるんだろう? 十二国記の最初の物語「月の影 影の海」を読んだらいろんな方にこのシリーズのアドバイスをいただいて ...